歯科医さんの節税術

歯科医が節税で税理士に頼る時に注意しておくコト

税理士を選ぶ際に注意すること

こちらでは歯科医院を経営している先生が節税を渇望して税理士を頼る前に一読いただきたいことをまとめておきます。

かかりつけの歯科医さんと同様に税理士との付き合いというのは長くなりますので慎重に選ぶ必要があります。とはいえ、最近は税理士を変更するのも楽になったので大丈夫ですが。

それでもできれば良い税理士さんに巡り合いたいですよね?

どうか先生がたがこの記事を参考になさって、本当の意味で良い税理士に出会える事を願っております。

税理士ドットコムで最適な税理士選び

税理士に頼るタイミングはいつが良いのか?

結論から申し上げますと開院のときからがベストです。

歯科医の先生の中には税務の申告までもご自身で行えるほど優秀な方もいらっしゃいます。

しかしながら、餅は餅屋と言うように、税務のプロである税理士にすべて任せてしまった方が時間も短縮できるでしょうし、やはり業界ならではの情報や知識もあります。

中には経験が浅くて不安になりそうな税理士がいる場合もあります。特に歯科医などは普通の個人事業主や法人とは少々扱いが異なりますので、不安げなところが見えるようであれば税理士変更を行うべきです。

「ある程度所得が出たら税理士を雇おうか」とか、「確定申告が近づいたら税理士に頼もう」という事ですと、機会損失をしている場合も多いですよ!

特に個人歯科医院ですと、年が明けてからでは節税も何も対策が取れませんからね!どうかその辺だけは覚えておいてください。

できるだけ早くが最良です。

どんな税理士を選べば良いのか?

いざ税理士と契約するとして、どんな税理士でも良いのでしょうか?実はそうではないんです。

歯科医に強い税理士を選ぶ

たとえば歯科医さんも想像してみてください。

歯が痛い患者さんがいるのに胃腸科に行くでしょうか?耳鼻咽喉科に行くでしょうか?そうではありませんよね?

税理士も歯科医さんと同じように得意不得意というものがあります。

  • 相続に特化している
  • 医療に特化している
  • 飲食業に特化している

というような観点で言えば歯科医さんも多く顧問しているような税理士が良いと言えます。

ホームページを見て「何でもできます」という事務所は浅く広くであると考えてください。

もしも既に顧問税理士がいる場合には「先生のところでは他に医療関係のお客さんはどれぐらいいらっしゃいますか?」とたずねてみても良いでしょう。

その点でも当サイトで紹介している方法を行えば歯科医の先生が得意な税理士さんがきっと見つかるでしょう。

本当の意味での節税などを考えてくれる税理士を選ぶ

この点も重要です。

税理士の中には「とりあえず税金を減らせば良い節税」と考える方が少なからずいらっしゃいます。なぜならばお客さんもそれを求めており、税金さえ減らせば喜んでくれるからです。

しかし、節税を行うと大抵の場合にはキャッシュアウトを伴います。ですから、無駄な備品を購入したり、無用な接待交際費を使うというのは良い節税とは言えません。

税金は少なくなっても、結局はお金は減っているという事に気付かないといけません。

そういう意味でも税理士の方に「先生は節税をどう考えていますか?」という質問をぶつけてみるのも良いでしょうね。

まとめ

以上が歯科医の先生が税理士に頼るときに注意していただきたい点になります。

既に顧問税理士がいらっしゃる方は大丈夫ですか?今は税理士も簡単に変更できます。特に代がわりした時には税理士も2代目の先生の年齢に近い方の方がうまくいく事も多いです。

ぜひとも良い税理士を探してみて下さいね!

税理士ドットコムで最適な税理士選び